【積み立てNISAは楽天証券】1%のポイントが12万円の資産に⁉

積み立てNISAを始めようと思って、証券会社選びで迷っているあなた。

積み立てNISAだけで考えると、楽天証券が圧倒的におすすめです!

なぜなら、楽天証券が行っている1%ポイント還元は、20年で12万円の資産になる可能性が秘められているからです。

たかが1%のポイントと侮ってはいけません。

年間40万円の1%は4,000ポイント。

この4,000円分のポイントをそのまま投資して、年利4%で運用したとします。

それを20年間積み上げると、なんと約12万円になるのです。

エクセルで計算したから間違いない(/・ω・)/※あくまでも単純計算の話です。

その他にも楽天証券をおすすめするポイントはいくつかあるので、気になる詳細へGo!

目次

楽天証券のメリット

色々細かいシステムの紹介は省きます。

このブログは何となく理解したい超初心者向けに書いているので、隅々まで調べないと怖くて先に進めない!って人向けではないのでご了承ください。

詳細が気になる人は、それぞれの証券会社のホームページが一番詳しくて正確なので、そちらを参考にしてくださいね。

主要な部分だけ抑えれば問題ないって人は、サクサクっと先に進みましょう!

メリット
  • 毎月の投資金額5万円までは1%のポイント還元※楽天カード決済が必要
  • 手数料が安い(業界最低水準の手数料)
  • 楽天銀行と楽天証券の口座連携で楽天銀行の金利が0.1%までアップ
    (メガバンクやゆ〇ちょの金利は0.001%程度)
  • 投資信託購入の一部をポイント払いにすると楽天スーパーポイントアップが+1倍

他にも色々ありますが、基本的に知っておくべきところはこれくらい。

楽天証券のデメリット

デメリット
  • 積み立てNISAするだけなら特になし

IPO(新規上場株式)弱いとか、少額株式投資できないとか、全くないわけではないけど、積み立てNISAには関係ない事なので気にしなくていいと思います。

結論

つまり積み立てNISAするなら、楽天証券で始めて楽天ポイントを貰うのが1番お得ってことです。

エクセルでたたき出した、20年間4%運用での楽天ポイントの力を見ればわかります。

スクロールできます
 投資元本4%配当ポイント合計資産
楽天証券¥8,000,000¥4,426,793¥80,000¥12,506,793
ポイントなし証券¥8,000,000¥4,387,681¥0¥12,387,681
¥0¥39,112¥80,000¥119,112
20年後の結果(年利4%計算)

ポイントなしの証券会社と比較すると、約12万円もの差が出るんです。

ちなみに、最大手のSBI証券もポイントがありますが、0.5%だから20年間で約6万円の差が出ます。

スクロールできます
 投資元本4%配当ポイント合計資産
楽天証券¥8,000,000¥4,426,793¥80,000¥12,506,793
SBI証券¥8,000,000¥4,407,237¥40,000¥12,447,237
¥0¥19,556¥40,000¥59,556
ちょっとでもお得な方が良いよね

何はともあれ、インデックスファンドをドルコスト平均法で、積み立てNISA満額分(年40万円)を、20年間買い続けて、長期運用すれば、4%運用で考えると、単純計算でいけばリターンが442万になるってことです。

そして、どうせやるなら、約12万円プラスになる可能性を秘めた楽天証券で始めましょう。

ちなみに、楽天証券でポイント還元を受けるためには、楽天カードで支払う必要があるので、楽天カードをまだ持ってない人は事前に楽天カードを作っておきましょう。

私は楽天証券の口座開設の途中で、楽天カードが必要なことに気づき、そこから楽天カード申し込みをしたりしたので、証券口座開設までに時間かかりました。

楽天カードは登録費も年会費も無料ですので、早めに申し込みをして、楽天カードが手元に届いた後に、証券口座の開設に進むようにしてください。

長期運用は時間が最大の武器!

今できることから、どんどん次に進めていきましょう。

【あなたの人生が笑顔であふれる日々になりますように】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる