【全世界とS&P500】どちらが優秀⁈リターンは⁈1年目の結果!

【オールカントリーとS&P500はどちらに投資すべきか?】

その悩みに対する答えを追い求め、そろそろ1年目である2021年が終わりそうです。

この記事では、投資信託の全世界株式とS&P500の完全比較を行い、その結果を指標として公開していきます。

完全比較とは、 双子のジュニアNISAを【姉:eMAXIS SLIM 全世界株式に100%投資】と【妹:eMAXIS SLIM 米国株式に100%投資】に分けて、同じ日に同じ金額で投資し、運用するという究極の運用実験です。

オールカントリーとS&P500のの比較
イメージはこんな感じ!

これまで好調だったアメリカでは、年末にかけて債務上限問題やテーパリングや金利引き上げやサプライチェーン問題、更にはオミクロン株のまん延など、不安要素が次々と出てきていました。

全世界でも、中国恒大問題やエネルギー不足、色んな国のなんやかんやと、世界情勢は目まぐるしく変化しています。

そんなせわしい世の中は、いったい株価にどんな影響を与えているのか、リアルな数字を見てみましょう。

※投資はリスクを理解した上で、自己判断のもと行ってください。

※筆者は、ジュニアNISA以外の資産運用に関しては、低リスクを意識したポートフォリオを組んでいます。

目次

運用1年目(投資金額80万円)

運用1年目(2021年)の結果がこちら。

スクロールできます
【R3.2.2開始】~R3.12.12姉:e MAXIS Slim 全世界株式妹:e MAXIS Slim 米国株式
評価額(元本80万円) 913,424 966,528
リターン +113,424 +166,528
投資おそるべし…

各々80万円のジュニアNISA枠満額に対してのリターンは、S&P500に連動している米国株式の方が約5万円も多いという結果になっています。

この結果だけを見ると、現状はアメリカへの投資を行うことが正解の様な気がします。

これが10年後、20年後はどうなっているのか…。

私の個人的な意見として、少し前までは「アメリカに一点集中して大きなリターンを狙うよりも、世界に分散して投資できるオールカントリーの方が、少しだけ安心して超長期運用ができるような気がする。」というようなことを言っていましたが、1年でここまで差が出るのであれば、少し考え直さないといけないかなと思ってきました。

しかし、インデックス投資をやった方が良いという思いは、この1年を通して強くなりました。

これからも、インデックス投資をコツコツと続けていこうと思います。

本当に株式投資って凄いですよね。

ただし、その分リスクがあることも忘れないように

そんなことを言いながら、最近レバナス投資を始めたんですけどね(笑)


にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる